女医

葛藤する脳に癒しを|自律神経失調症は治せる

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事一覧

腎不全などの腎臓病の治療

看護師

腎臓病には急性胃炎や慢性胃炎などがあり、腎臓病が悪化すると腎臓の機能が喪失して腎不全になってしまいます。腎不全になると腎臓が機能しなくなるので尿が出なくなり、体内に毒素が蓄積する尿毒症になります。腎不全は人工透析内科の病院で治療することができ、定期的に人工透析を受けることによって普通の社会生活を送れるようになります。人工透析内科では患者さんの負担を少しでも減らすために、夜間透析を行っていたり送迎サービスを行っている病院もあります。腎不全の患者さんの中には車椅子で生活をしている人もいますが、車椅子対応の送迎サービスを行っている病院もあります。自力での歩行が困難な高齢者の方も自宅まで車で送迎してもらえますので、安心して腎不全を治療することができます。

糖尿病を患うと様々な合併症を発症し、腎不全になる患者さんも非常に多いです。重症な糖尿病の患者さんは合併症で足を切断している人もおられますが、送迎サービスのある人工透析内科だと、自宅まで専用車で迎えに来てもらえます。送迎サービスのある人工透析内科の病院は院内環境も優れており、最新の医療機器による人工透析が受けられます。人工透析中は血圧低下などの症状が現れることがありますが、無酢酸透析液を使用しているため、合併症や血圧低下を予防することができます。最新の医療機器の針は痛みが少ないペインレスニードルを使用しており、治療時の痛みを最小限に抑えられます。透析液は絶えず清浄化を図っており、感染症の発生を防ぐことに貢献しています。